前へ
次へ

ヘアケアに必要不可欠なヘアオイル

ヘアケアをする上で重要になるのが、ヘアオイルです。
最近では店頭で手軽に購入できるものが多いですが、ヘアオイルを使うとベトベトが残ってしまうことや、そもそも使い方が分からないという方も多いはずです。
特に有名なヘアオイルは、椿オイルやホホバオイルなどの昔から使われているものです。
今ではそれ以外にも多くの種類のオイルや効果があり、ヘアケアの世界が大きなものに成長しています。
髪がまとまるという効果が有名なヘアオイルですが、それ以外にも髪を乾燥から守ったり、キューティクルの損傷を防いだりと、多くの効果を持っています。
ヘアオイルは大きく分けて2つのタイプがあり、天然植物からできた100%オイルと、シリコンなどの人口オイルがあります。
100%オイルは植物由来のため多くの成分が入っています。
紫外線への対抗力が強いものや、熱に強いものなどが挙げられ、同じオイルだとしても生産の年や地域によって成分が変わってきます。
成分の調整が効きにくいというのが100%オイルの欠点とも言えますが、その欠点がないのが人口オイルです。
作り方によって質感やツヤ、重さなどを変えられます。
自分の用途によって種類を選ぶ必要があります。

Page Top